手袋のゆくえ

tebukuro電車の中で二人分の席を占領して若い男性が爆睡していました。
次の停車駅に着くと、慌ててドアが閉まる寸前に降りていきました。
座席には残された手袋。
ホームで彼も気が付いたのか、あたふたした様子が見えましたが時すでに遅し。
手袋はそのままで2駅先の終点に着きました。
一部始終を見ていた私は、手袋を拾って駅に届けようかと思っていました。
その時、降りた彼の隣に座っていた若者が手袋をつかんで降りて行きました。
そしてそのまま駅の事務室に入って行き、状況を説明して事務員に渡しているようでした。
茶髪で少しヤンキーぽい若者でしたが、その心使いに感心しました。
手袋が持ち主に戻ることを願いつつ、去っていく彼の後姿に拍手!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です