盲人の方への声かけ

symbol東京メトロで盲導犬を連れた男性がホームから転落し亡くなったニュースには胸がつぶれる思いでした。
盲導犬には絶対に声をかけてはいけないというマナーが周知され、犬の気が散らないように人にも声をかけてはいけない、また盲導犬を連れているから大丈夫という考えてしまいがちです。
そもそも盲人の方にどうやって接するかを知る機会もない、教える場もないような気がします。
先日も電車待ちをしていたところ、電車が入って来た時、突然後ろから白い杖をついた女性が現れて、入ってきた電車のドアの場所と違う方向に進んでいきました。
思わず軽く体に触れて「こちらですよ」と誘導してしまいました。
弱視の方だったようで「すみません」と言ってすぐにドアが分かりましたし、そのままドアの端に立っておられたので「後ろの席が空いてます」と声をかけると、「ありがとうございます」と座ってくださり、降りられる時も丁寧にお礼を言っておられました。
数駅の間でしたが、私は体に触れずにドアの位置を「もう少し左です」と言うべきだったとか、降りる駅が同じだったら、どうやってお手伝いすればいいのだろうかと、まさにパニックでした。
その後、サイトで盲人の方の誘導に仕方を色々調べましたが、これが実際に使えるといいのですが・・・。
事件の後、新聞でも盲人の方への接し方を何度か掲載していました。
少の知識と、勇気で臆せず声かけをと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です