いなりすしの味

oinari大橋歩さんの大好きな私は、大橋さんのHPのonedayを楽しみに読んでいます。
そして、そこから大橋さんの感性に響いたものを、おすそ分けしていただいています。
神田志乃多寿司についての文章も、読んですぐに買いに行きたくなりました。
本店は叶いませんでしたが、東京駅の百貨店の出店で、いなりすしが好きな母の為に買いました。
一口食べて、母のおいなりさんを思い出しました。
甘くて濃い味付けです。
聞けば、母は勤めていた若い頃、神田の本店にも良く通ったとか。
母のいなりずしの味はここから来たのですね。

長らく関西に住んでいますが、こちらに来て、初めていなりすしを食べた時は、味の薄さに驚きました。
今や関東でもこのような味付けのいなりすしが多いです。
関東のうどんは食べられなくなった私ですが、やはりいなりすしは甘いのか好み。
自分で作る時は、母譲りで、みりん、キビ砂糖、醤油で甘めに作っています。

大橋さんもお気に入りの、おすしが包んであった可愛いイラストの紙は、ブックカバーにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です