ピーナツミルク

何十年も前、原宿のカフェに「ピーナツミルク」というメニューがあり、とても気に入っていたことがありました。
文字通り、ピーナツ味のする温かいミルクですが、これはどこの飲物なのでしょうか。
その後、他で見かけたことは一度もありません。
無糖で国産のピーナツを使ったピーナツバターがあったので、作ってみました。
作り方は簡単、温めたミルクにピーナツバターを溶かし、好みで砂糖を加えます。
カロリーは気になりますが、香ばしく、少し甘くて温まります。

そして懐かしさが甦りました。
あの頃の原宿は今とは全然違っていたような気がします。
落合恵子さんの「クレヨンハウス」のソーダ水はグリーンではなくてブルーでだと言って飲みに行ったり、「WEEKENDS」で雑貨を探したり、「MILK」でセーターを買ったり、そんな事が楽しくてたまらない日々を過ごした場所でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です