命のスープ

genmai辰巳芳子さんの「命のスープ」を母の為に作りました。
玄米を洗ってざるに上げ6時間。その後30程かけて炒ります。
炒っていると、玄米からパチパチと音がして、こんがり焼き色がつき、香ばしい香りがしてきます。
それを、水、昆布、梅干しを加えて30程煮、濾して出来上がり。
スープというよりお茶?
優しい味がしました。
まだ食事が食べられる母は、少ししか飲みませんでしたが…。
何より、玄米を炒るという作業が祈りだなと思いました。
その人の快癒を一心に願う。
このレシピはいつか必ず、人の為、自分の為になると思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

アップリケ
茶色の圧縮生地のジャンバースカート。
ジャンバースカートは着方が難しいので敬遠していましたが、フレアーの綺麗さと左のアップリケの可愛らしさに買ってしまいました。
良く見ると、フェルトと端切れ、刺繍糸、小さなボタンで構成されています。
形は単純なので、色合いさえ上手く行けば自分でも真似できそう。
本当に刺繍やアップリケのほどこしてある物が好きです。
下田直子さんの作品を本でながめてうっとりします。
年々目が細かい物が見えずらくなりますが、根気よくゆっくり作業したらと思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

劣化したPUバッグ

bag02ツイードと光沢のあるこげ茶のコンビのバック。母から譲りうけたものです。
上がツイード生地で、下三分の一がエナメルコートしたものです。
しかし下部分が劣化の早いボリウレタン加工をしていた為にポロポロと剥がれてきました。
上部分や布張りの中身はまだまだ使えるのに残念でなりませんでした。
下部分を別布で包むとか色々考えた挙句、全てのポリウレタン加工を剥がしてみることに。
剥がした後はそれを付ける為の接着剤を施したものがあり、それも根気よく剥がすと下の布地が出てきました。
元の地はグレーでした。
撥水加工とかしていないので汚れやすく弱いですが、なんとか暫くは使えそうです。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

シャーリングマフラー

sharing昨年、友人がしているのを見てすごく欲しかったマフラー。
生地の真ん中にシャーリングが入っています。
くるっと巻くだけでおしゃれな形、華やかになるのです。
調べてみるとほとんどがフランス製でお値段もかなりしました。
それをオークションでやっとお安く手に入れました。
その後、友人とも話しましたが、これは真ん中にゴムを縫いつけて縮めているだけなんですよね。
裏に細く黒いゴムを伸ばしながら縫っているだけなら自分でも出来そうな気もします。
くるくる巻いても落ちてこないし、どんな風にまいてもふんわり感がでます。
飽きてしまったマフラーで試しに自分でも作ってみようと思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

丁酉の年

2017tori今年は酉年、十支の丁(ひのと)と組み合わせて、正式には丁酉だそうです。
酉は本来「取り込む」に繋がり景気や運気が上がるといわれますが、丁と合わさると波乱という説も。
酉年の自分としては「羽ばたくような年にしたい」という気持ちです。
酉はニワトリをさすようですが、鳥なら何でも今年のシンボル、鎌倉の「鳩サブレ」も縁起物として売れているようですよ。
鳥は愛らしくモチーフにしやすいので、家にも色々なアクセサリーや雑貨がありました。
そういえば「亥年」のお嬢さんを持つ友人が、シンボルにした物が中々無いので、豚さんグッツを集めていると言っていました。
今年は自分の干支をラッキーアイテムと信じて身につけましょう。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

自分のためにお茶と音楽を

tea親の介護と、自分の問題がかさなって気持ちが沈んでいた時、友人が手伝いに駆けつけてくれました。
彼女は片付けしながら、食器棚からカップを選び、きれいに洗ってお茶を入れ、CDをかけて音楽を流しました。

生きている間にはさまざまな問題があり悩みは尽きません。
それが一時的ですぐに解決できることならまだしも、苦しい状況が長く続くと、心は疲弊します。
余裕が無くなった心と体を立て直すためには、自分が心地よい、楽しいという時間を意識して持つことだと思います。

自分のために一杯のお茶、音楽の大切さを感じました。
分かっていても中々できない事ですから、時には人を巻き込んでも空気の入れ替えをする。
次の機会に自分がお返しをすればいいことだと思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS