You are here: Home >Archive for 8月, 2019

原爆の歌

irei74年前、8月6日に広島、9日に長崎に原爆が落とされ15日に日本は終戦をむかえました。
母は原爆を体験したことはないのに、よく原爆の話をしました。
話の最後に歌う原爆の歌。
「原爆許すまじ」作詞:浅田石二、作曲:木下航二
それは幼かった私の心に深く根付きました。
今年の4月。母の三回忌で故郷に帰った時のことです。
法要の日の朝、ホテルの近くの公園に散歩に行きました。
大きな沼のある公園はランニングや散歩の人々がたくさんおられました。
公園の中に原爆の碑がありました。それは広島、長崎で被爆した県民の慰霊のために被爆40周年を祈念して昭和61年に建てられたものでした。
少し離れたベンチで休んで居た時、あの原爆の歌が聞こえてきました。
ご婦人が碑の前で歌っているようでした。
姿を探せど、歩き去る後ろ姿のみ。
毎朝の散歩の折に遠く離れたこの地に原爆を受けたどり着いた方々に思いをはせ、祈り歌っているのでしょう。
母と同じ歳のころのご婦人。折しも三回忌に母から送られたメッセージのようでした。
戦争の体験者も記憶も少しずつ薄れて来ています。
でも「戦争を忘れないで、二度と繰り返さないで」と切に願います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ベニガオザル

beniakaozaru
NHK「ワイルドライフ」で2回特集された「野性のベニガオザル」。
タイ王国の保護区に生息する絶滅危惧種の霊長類です。
その若き研究者は同級生の息子さん!
ベニカオザルの社会生態学的研究をしておられます。
仲間同士のケンカを赤ちゃんザルが仲裁したり、争いを回避するための互いのスキンシップ。
種の保存の為とはいえ、とても興味深い行動をする猿です。

私は若い時に植物学者が集まる研究室でアルバイトをしていました。
その時は研究者の方々が少し変わった人達、今でいうオタクのように感じていましたが、
人生の半ばを過ぎた今振り返れば、本当に恵まれた人生を歩んでいらしたことに気がつきます。特にフィールドワークに出かけるのは本当に生き生きして楽しそうでした。

若き博士のお顔が同級生にそっくりで、彼女を懐かしく思い出します。
彼女の中にも何かに一途に夢中になる情熱があったかもしれません。
今は体調を崩している彼女ですが、心の翼はいつでも広いフィールドを飛んでいるに違いありません。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS