You are here: Home >Archive for 3月, 2016

ひとりぼっちのアカヒレ

akahire021年半ほど飼っていた2匹のアカヒレ(コッピー)の内、一匹が死にました。
アカヒレの寿命は2年くらいということですから、よく生きたということかもしれません。
この2匹は同じ水槽の中で育ったものを買ったのに、仲が良くなくて、いつも死んだ方がいじめられていました。
時には執拗に片方が追い回すので、水槽の隅に追いやられていたのが不憫でした。
それでもエサはしっかり食べに来ていた要領の良さがあり、今まで生きて来れました。

昨日、カケスがお互い鳴き方で交信しているというニュースを聞きました。
縄張り意識が強く、自分の場所、自分のエサを死守するアカヒレとはずいぶん違いますね。

「ひとりぼっちで寂しくはないのか」という気持ちをよそに、悠々と泳いでいます。
1匹になっても長い生きしますように。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ヒヨドリ

hiyodori母のマンションは小さな公園をはさんでコの字型になつており、色々な木々が季節の移り変わりを教えてくれます。
木が多いということは鳥もいるということで、思いついて先日、固くなってしまった小さなミカンをベランダの柵の上に並べました。
あっと言う間にヒヨドリが見つけて、何匹も飛び降りてきました。
しばらく突っついたりしていましたが、最後にはミカンをくわえて飛んで行きました。
野鳥に飲物やエサを与えるバードフィーダーというものがあるというのをつい最近知りました。
夢のまた夢ですが、自然の囲まれた家で庭に野性の鳥を呼べたら楽しいでしょうね。
母の部屋の窓からは、これから春には満開の桜、初夏には鮮やかな新緑、
秋には紅葉が見られます。
季節は着実に進んで行きます。
その時々を楽しまなければ…。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ヒヤシンス

hiyasinsu母がヒヤシンスの花が欲しいと言うので、今年の春に見せて上げようと、秋に球根を買いました。
半分は自分用にして秋の内に土に埋め、母の為の物は年内は冷蔵庫で保管して年明けに水栽培にしました。
水栽培にした物は見る見るうちに根が伸び、芽も出ましたが、その後の開花はぱっとしませんでした。
それに比べて、土に埋めたものは寒さを超えて、見事な花を咲かせました。
冷蔵庫の保存が悪かったのか?水栽培の難しさを思いました。
そして土からの栄養、自然の温度の大切さを改めて感じました。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

サントン人形

santonbina三月は雛の月。
人形のお祭りということで、しばらくく棚の奥に飾ってあった人形も出してみました。
20年以上前に家人がフランスで買ってきたサントン人形です。
フランス・プロヴァンス地方で作られている土人形で、 19世紀の伝統的な衣装や、生活の様子を表現しているそうです。
夫が壊れないように抱えて持って来たというおばあさんの人形は、可愛いとは言い難いですが味のある人形です。
サントン人形は本来はクリスマスに飾る人形だと知って、その後に降誕のシリーズを買い求めました。
土を人形の型に入れて固め、乾燥させたあと、素焼きした人形は、どこか日本の伏見人形に似ているような懐かしさを感じさせます。
プロバンスには多くの工房があり、手頃な値段で手に入るのに、たまに日本で見かけるものは高い値段がついていて驚かされます。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS