You are here: Home >Archive for 12月, 2015

夢の翼

Akirie以前から一度は実物を見たい思っていた、スェーデンの切り絵作家アグネータ・フロックの作品。
その夢が年末の京都でかないました。
展示されているのは、新しい作品が多く新鮮でした。
精密な切り絵の技巧はさることながら、独特な色使いに魅了されます。
色つけには、ドイツの絵具や日本の顔料を使用するそう。

TVのインタビューで見たアグネーターさんは、ちょっとシャイで寡黙な方でした。
その分、作品を通して、自分を表現しているように思います。
同時に展示されていた、テキスタイル作家としてのタペストリーは、気が遠くなるような工程に圧倒されました。
そこには楽しみながらも、妥協を許さない芸術家の姿があります。

自分の感性をファンタジーの世界で開花させる。
アグネータさんに授けられた翼に、ひと時乗せてもらったのでした。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

今年のローストチキン

chikin毎年のようにクリスマスイブにはローストチキンを作りますが、今年はカルフォルニアばあさんのブログを参考にしました。
鶏肉を塩水に一晩浸けておくbrine(ブライン)という方法を試してみたのです。
たったこれだけの事で、焼き上がった鶏はいつもよりとても柔らかく、ジュージーなのに驚きました。
鶏のお腹に詰めるスタフィングは、急遽もち米のピラフにしようと思い立ったので、お米に少し芯が残ってしまいました。
やはり1晩くらいは水に浸したほうがいいかも知れません。
近くの百貨店にいつも一羽だけ置いてある丸鶏は、クリスマス近くになると売り切れてしまうので、少し前に買って冷凍にしておきました。
来年までこのレシピを覚えておければいいのですが…。
Merry Christmas!

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

母の愛に包まれて

branketエルニーニョ現象で妙に暖かいこの頃ですが、週末には寒気が到来とか。
少し前の寒かった時、自転車の後ろに乗せた幼児を、ストールやブランケットで包んで走っているお母さんを見かけました。
流行ってる?と思うほど何人も。
垂れた布の端が車輪に引き込まれるのでは、何かに引っかかるのではと見ていてハラハラしました。
でも子供を思う親心は分かります。
先日はダウンコートの内側に、前抱きした赤ちゃんをすっぽり入れて歩いているお母さんを見かけました。

今のように色々なものが便利でなかった私の幼い頃。
真冬の日にバスを待っているのは本当に寒くて、そんな時には母がコートのボタンを開けて、その中にすっぽり私を包んでくれたのを思い出しました。

きっとお母さんにすっぽりと包まれた思い出のある子供は、その温かさを生涯忘れないでしょう。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS