You are here: Home >Archive for 10月, 2015

喪中とは?

mochu早くも年賀状の季節がやってきました。
今年は大切な方を相次いで4人も亡くし、年賀状もやめたい気分です。
喪中と調べてみると、3親等までの中で亡くなった方があれば、年賀状の代わりに喪中はがきを出すとありました。
勿論、伯父(叔父)伯母(叔母)の関係であっても、自分との親しさ、相手に対するの気持ち次第で、出すのは自由とのことでした。
近頃はペットが死んでも、喪中を出す方もあり、それを扱う業者もいるとか。
私も18年生きた愛犬が死んだ時は子供を無くした気持ちでしたので理解は出来ます。
その上で、年賀状とは新しい年への宜しくという挨拶、、受け取る方の幸を願うもの。
自分の個人的な悲しみを伏せるのも大人の流儀のような気もします。
ということで、今年も年賀状を出すことになりそうです。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

紅玉のケーキ

applecake秋、バザーの季節ですね。
いつも同じパウンドケーキばかりでは能が無いので、新しいケーキに挑戦したいと思い、手順が簡単そうな林檎のケーキを作ってみることにしました。
林檎は紅玉を使うとのこと。
林檎といえば昔はこればかりだったはずなのに、どんどん品種改良されて、蜜のたっぷり入った甘い林檎が多く出回るようになりました。
それ故、最近はなかなか手に入らない紅玉です。
小ぶりで酸っぱい林檎の原型ですが、お菓子作りには向いているようです。
それにしても普通の林檎の2倍近くのお値段なんですね。
家で作るお菓子には普通の林檎を使いますが、この度は紅玉を探し回って使ってみました。
卵と粉を合わせただけの生地に、いちょう切りにした林檎を入れて焼いただけですが、やはり全然美味しさが違います。
甘酸っぱさが何とも言えないのです。
苦労して作った紅玉のケーキ。
果たして皆様に分かっていただけるかどうか…。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Todonoinoriによせて

cosmos一時期、聖書の勉強を指導してくださったシスターが帰天されました。
ふるさと長崎に戻られてから、見違えるようにお元気で活躍されていました。
ご家族と絶縁してまで選んだ修道者の道。
ネットを使った宣教。
最後まで自分の病を気づかせなかった姿。
見かけは華奢なシスターでしたが、自分の信念を貫く強さは、雨や風にあっても立ち上がるコスモスの花のようです。

HPを使って「自分を表す」ことは、自分からの解放にもつながっていると言っていらしたシスター。
そのHPで毎日書かれているブログを読み、掲示板でおしゃべりすることで、訪問者は元気と安らぎをいただきました。
そこから導かれた求道者も多くいることでしょう。

早すぎるお別れでしたが、今頃は、
HPの名前の由来である大好きなシスター、
可愛がっていただいた神父様、
後に洗礼にまで導いた最愛のご両親、
そして何より、生涯のすべてをかけて愛した天の父と、
出会っていることでしょう。
シスターの、ハッと驚いて、そして次の瞬間喜びでいっぱいのお顔が見えるようです。

シスターともう一度お会いする為には、私は地上でもっともっと精進しなくてはなりません。
どうか、お守りください。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

十字架のネックレス

father縁あって、2007年7月1日に48歳の若さで急逝した、ベルナルド石川裕之神父様のゆかりのネックレスをいただきました。
神父様はブラジルへ派遣され、休暇で日本へ戻って、もう一度ブラジルへ帰る途中で肺炎で亡くなったと聞きました。
小さな十字架が連なるこのネックレスは神父さまのお父様が作ったものです。
神の御心に従い、生涯を全うされた神父様。その早すぎる死を、どのようににお父上がうけとめられたか、自ずから分かるような気がいたします。
聖職者。それは考えも及ばぬほど厳しく、険しく、孤独な道であると思います。
同時に、神から選ばれ、降り注ぐ愛をいただいた方。

今、私の知り合いのシスターも病床にあります。
シスターもまた、あふれんばかりの神の愛を受け、それを私達に分け与えてくださいました。
どんな時にも、神はシスターと共にいらっしゃると強く思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ホーローのピッチャー

horoホーローが好きで、先日も店じまいの雑貨屋で小さなピッチャーが半額になっていたのを買ってしまいました。
キッチンで卵を溶いたり、材料を混ぜたりするのに重宝に使っています。これからの季節は、直火で使えるので、一人分のミルクを沸かすのもいいかもしれません。

花を生けた大きなピッチャーは年代ものです。
これは同じくホーロの洗面器と対になっていました。
前の晩にピッチャー水を満たしておいて、朝、洗面器に注ぎ顔を洗う。
そんな中世のヨーロッパ映画で見るようなことを、45年以上前に学校の寄宿舎でやっていました。
さすがにその後暫くして、衛生面から廃止になりましたが…。
要らなくなり、積み重ねられたピッチャーを、卒業の時にシスターにお願いして頂きました。
それ以来、我が家で花を活けたりするのに使っています。
何を活けても様になりますが、自然の花、今でしたらコスモスを活けたら素敵だろうなと思います。
そして使う度、ピッチャーの水をこぼさないように歩く、あの頃の級友たちの幼い顔を思い出したりしています。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS