You are here: Home >Archive for the ‘未分類’ Category

届かなかった手紙

letter12年前、私達夫婦の共通の知人が急死しました。
5月の連休明け7日のことでした。
いつもおかしな事を言って人を笑わせるムードメーカーでした。
長い間会うこともありませんでしたが、喪中はがきで知り、慌てて奥様にお手紙を出しましたところ、4月に新しい職場の責任者となり張り切っておられ、7日の朝、出勤後に会社で倒れそのままということでした。
奥様の悲しみが伝わる文面でした。
それからは5月の連休の度に旅立った友人の事を思い出します。
7回忌に思い切って手紙を出しましたが、手紙は届きませんでした。
6年間の間、どのように過ごされたのか、悲しみは癒えたであろうか思いはつのります。
3回忌にお手紙を出していたらと悔やまれます。
時に思いだけでは伝わらないこともあります。
ご遺族にとって「いつまでも忘れません」という言葉は少しは慰めになったのではと…。

折しも今日は朝日新聞阪神支局襲撃から31年目。
小尻記者と同じ歳の私。
あの年、私は結婚して初めてのゴールデンウィークでした。
ご遺族のために祈ります。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

流行っているの?

toire最近「流行っているの?」と思う事があります。
それはトイレに入ると、前に使用した方がトイレペーパーを三角に折っていること。
自分だけかも知れませんが、この頃良く気が付きます。
さすが「おもてなしの国」。
真似して自分もやってみましたが、三角に折るのが結構難しい。
それと「ご親切に」と思う反面、やってみて「?」という違和感がありました。
それが何か分からなかったのですが、ネットで調べて納得しました。
ノロウイルスの感染防止のため、「トイレペーパーを三角に折らないでください」という張り紙がしてある病院があるということです。
考えてみればもっともな事かも。
他の人の事を考えるという点ではすごくいいと思うのですが、難しい…。
取りあえず、綺麗に使うことでいいのではないでしょうか。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

100均の花が

pangi100均で買ったパンジーが花盛りです。
花が2つ3つしかついていなくて、すでにしおれていたので二株で100円でした。
ベランダのプランターに植え替えたら見事によみがえりました。
花も日差しと水があれば生き返ります。
何でも手をかけて(そこまではしていませんが)、面倒をみれば元気になる。人間と同じよう。

春真っ盛りで、この前まで何もなかった道々に花が咲いています。
特に雪柳は噴水のようです。
それを見ると、エリオットの
「四月は残酷極まる月だ リラの花を死んだ土から生み出し…」
で始まる詩を思い出します。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

イトイさんちのブイヨン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ほぼ日」のイトイさんの愛犬ブイヨンが天国に行きました。
数年前からブイヨンの写真付きのエッセイコーナが、一般公募のペットの写真に変わっていましたから、
ブイヨンの老いていく姿を見せたくないのでは?と思ったりしていました。
ここ数日間、イトイさんのエッセイもブイヨンをなくした悲しみで一杯です。
私も18年犬を飼っていましたから、居なくなった後も足元を気をつけたり、ヨーグルトを隠れて食べたり(犬に見つからないように)という状況が良く分かります。
そして樋口可南子さんが、いつもの倍も家事をなさっていることも。
私は悲しみを受け止められなくて、すぐにネコを飼ってしまいました。
自分の弱さと犬への申し訳なさを感じていた時、「新しいペットを飼うしか悲しみは埋められない」と言ってくれた友人がいました。
悲しみの乗り越え方は様々でいいのだと思います。
しかし、残された私の人生、今のネコの先は無いということを強く実感します。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ミモザの日

mimoza日本では全く定着していませんが、今日3月8日はミモザの日です。
世界では国際女性デ―として、女性の自由と平等を掲げる日として祝われています。
イタリアでは男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈ります。
ミモザはオーストリア現産の花ですが、イタリアにも自生していて、だれでも安価に手に入ることからこの日の花となりました。
黄色の小さな花がたくさんついていて、ちょっとやそっとで散ることも無く、独特な香りも強く、可愛らしくもたくましい花です。
先日ミモザの日にまつわるTV番組を見ました。
バレンタインデーと違って告白ではなく、あくまでも女性への敬意と感謝なのです。
老いも若きも、子どもまでもがミモザを近しい女性にプレゼントしていました。
日本の男性はいつの時代も女性に花を贈るのが苦手ですねー。
多くの男性が花束を持って闊歩するこの記念日、日本でもあったらいいのにと思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

360日の努力

gorin平昌オリンピック、女子フェギアの演技を見ていたら、ここに来るまでの選手の努力を思い、懸命に闘う姿に涙が出ました。
そして4年前にこの舞台で戦った浅田真央選手の事を思い出します。
トリプルアクセルにこだわらなければメダルを取れたのではという気持ちが自然に湧いてきます。
同時に彼女のような挑戦者が居るからこそ技術が向上し続けるのではとも思うのです。
私の知っている札幌五輪。あの時より日本人の体型も技術も驚くほどの進化を遂げました。
特にフェギアスケートでの日本人の活躍は目を見張ります。
それだけ日本が豊かになったと思うのは私だけでしょうか。
選手の言葉にも「楽しみたい」「楽しかった」とか。
メダルの重圧で自ら命を絶った選手のいた昔を思うと、なんと自由でおおらかな時代になったことでしょう。
しかしどんな時代にも、この場所に来るための選手の努力には変わりありません。
羽生選手の言葉「努力は裏切る、しかし決して無駄ではない」、今年最初に心に残った言葉でした。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS