You are here: Home > キリスト教 > マリアと私

マリアと私

ymaria23年来の友人を突然なくし、しばらくブログを書く気にもなれませんでした。
国際結婚してフィリピンから嫁いできたマリアとは、教会を通じて生活面での手助けをするうちに親しくなりました。
マリアの優しさ、ユーモアーが好きでした。激しい面もありましたが、いつも私を信頼してくれる妹のような存在でした。
彼女を失った今、助けられていたのは私自身だったと強く感じます。

マリアの娘がまだ幼かった時、よく行く駄菓子屋さんがありました。
店番のおばあさんが高齢で、それをいいことに小学生がおもしろがって万引きをする。
それに腹を立てた彼女は、店の前のベンチで睨みを効かせていた…。
そんなエピソードが心に残っています。

昨年のクリスマスカード。
マリアのくれる手紙にはいつも「私の家族のために祈ってください」とありました。
家族をこよなく愛し、異国で精一杯生きたマリア。
今は真っ直ぐ神の国に行っていると確信します。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.