You are here: Home >Archive for 10月, 2013

手作り栗蒸し羊羹

kuriyokan今年もまた栗の季節がやって来ました。
栗やお芋が嫌いな女性はあまりいないと思いますが、私も栗は大好きで、なかなか口の出来ない「岐阜中津川の栗きんとん」などは何個でもいけます。
しかし、栗は食べるのは美味しく、あっと言う間ですが、その処理がひと手間で、栗のお菓子が高価なのも頷けます。

この季節が近づくとうれしい半面、憂鬱な気持ち…。
家族の勤務先に栗の木があり、毎年その実をたくさんいただいて来るからです。
昨年は何回か栗ご飯にした後で、渋皮煮をしましたが、なんだか上手くいきませんでした。
「今年は栗蒸し羊羹を作る。」と言うと、家族も大好物で、さらに値が張るのも分っていますから、一生懸命に栗の皮を剥いてくれました。
まずは栗の甘露煮。レシピはクックパットの「のんびりママさん」からいただきました。
栗むし羊羹は同じサイトの「らぶらぶスイーツ」さんから。
以外に簡単で、思う存分、栗がたくさん入っている「栗蒸し羊羹」を堪能できました。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

秋に黒モン族のジャケット

monjaketモン族とは、現在、東南アジアのラオス、ベトナム、タイ、そして、中国南部などの山岳地帯に住む山岳少数民族です。
私がこのモン族の衣装に目覚めたのは「南国よろず屋 ままか」さんというWEBショップでした。
モン族の丁寧な手仕事に、ただただ心を魅かれました。
このジャケットは黒モン族のもので、見た目より民族服ぽくなくてとってもおしゃれ。
私のように小柄な女性がコートのように着るのもよし、夫も着たがっていましたから、男性がシャツのように着るのもいいかも知れません。
そして履いているスリッポンもモン族のものですが、手の込んだ刺繍と藍と草木染が素朴で愛らしいです。
下げているバックはインドのもので山羊革でとても軽くて可愛い、収納力もあります。

残念なことに「ままか」の男前の店長アツコさん一家はバンコクに移住することとなり、ショップは閉店の予定です。
只今、閉店セールで商品が半額なので、是非のぞいて見てください。
まだまだ素敵なものがありますよ。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS