You are here: Home >Archive for the ‘キリスト教’ Category

1.17とペーパードーム

takatori阪神大震災から20年。
大した被害も受けなかった私ですが、続く余震、絶え間なく聞こえるサイレン、西の方角にいつまでも上がり続ける煙を思い出し、苦しい気持ちになります。
被害が甚大であった神戸市長田区のカトリックたかとり教会は、聖堂が全焼してしまいましたが、、救済基地としてボランテイアの拠点となりました。
その年の9月、教会兼集会所としてペーパードームが、1000万円をもとでにボランテイアの手によって造られました。
紙管を楕円丈に配置し、屋根にテントを張った「紙の教会」を初めて訪れた時、その奇抜な発想と見事な手作業と共に、明るく清潔な聖堂に感動しました。
そして20日付けの読売新聞で、これを手掛けた建築家 板 茂さんのお顔を拝見して「あぁ、この方が」と感慨を新たにしました。
当時、坂さんは37歳。主任の神田裕神父の談話には、「何度断られても提案してきた。被災地ボランティアとドーム建設のボランティアの間に確執のある時期もあった」とあります。
坂さんの被災地の為に何かをしたいという熱意の結果が、その後10年間たかとり教会で生き続け、そして現在も日本、世界の被災地へと繋がっています。
坂さんは2014年には建築分野の国際的な賞であるプリツカー賞を受賞しています。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

サントン人形の馬小屋

sannton02待降節が始まりました。
キリスト教聖具を扱うお店には、この時期に飾る「馬小屋降誕セット」が並びます。
Presepio(プレゼビオ)、Nativity(ネイティビティ)、Creche(クレッシュ)と呼ばれる、キリスト降誕の場面のジオラマです。
私は何年か前にどうしてもフランスのサントン人形のセットが欲しくて手に入れました。
イタリアやイギリスの物とは違い、素朴な味のある人形です。
私にはその表情や色付けが、日本古来の伝統工芸品の土人形。素焼きに泥絵具で彩色をした人形を連想させます。

カトリックの学校に通っていた頃は、降誕劇というほどのものではありませんでしたが、クリスマスの催しでクリスマスキャロルを歌う間に、マリア様やヨゼフ様、博士に扮した生徒が登場しました。
マリア様やその年の高校1年生から選ばれました。
アドベントカレンダーをめくるように、毎日何かしら善行を重ねて、生まれてくるキリストへの贈り物にしたのでした。
キリストの降誕までの待ち遠しい季節というのが、今とはずいぶん違っていたとしみじみ思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

「大いなる沈黙へ」

gran「観たい観たい」と願っていた映画にやっと行ってきました。
フランスアルプス山脈のグランド・シャルトルーズ修道会は、厳しい戒律で知られるカルトジオ会の男子修道会です。
この修道士の生活を映したドキュメンタリーは、音楽、ナレーション、照明なしの2時間49分。
寝てしまうかもと心配もよそに、終始魅了されたのでした。

「一切を退け、私に従わぬ者は弟子にはなれぬ」
それは世俗から断絶され、祈り、沈黙、孤独、清貧の世界に生きるという事を超えて、「神の声を聞きたい」という願いさえも捨てよということなのかも知れないと思いました。

途中で何度も出て来る「主よあなたは私を誘惑し、私は身を委ねました」(エレミア20-7)という言葉。
神に選ばれ、神との対話だけに生きている修道士の姿は、私には穏やかで幸福に見えました。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

アライカプアのタオル

arai10月は教会バザーの季節です。
今年も聖ヨゼフ会「フィリピン・ボランティア」のシスターをお招きして、素敵な製品を販売しました。
フィリピンの貧困層の人々の自立の為に、1984年現地のシスター達の尽力で「アライカプア」というキリスト教共同体が出来ました。
編み物の指導をし、そこから生まれた製品が、資金となり彼らの生活を支えます。
ここの目玉はなんと言っても、木綿100%の手編みのタオル製品です。
少し太めの木綿糸でガタ―編みに編んだもの。
柔らかくて伸縮性があり、なにより天然素材が体に優しいのです。
タオルは浴用だけでなく、洗顔、掃除、食器洗いの色々なサイズがあります。
(このタオルの難点といえば、長持ちし過ぎること)
その他、ドイリー、コースターなどのレース編みの製品、カード類もあります。
どれもが丁寧な手仕事で作られており、それでいて安価です。
(問い合わせ先:大坂聖ヨセフ宣教修道女会・フィリピン・ボランティア)

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

巡礼の道

hotateキリスト教の三大聖地のひとつである、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指し、800キロを歩く巡礼の旅。
聖ヤコブの奉られる聖地を目指すこの旅のシンボルは、ホタテ貝とひょうたんです。
足の悪い私には絶対に無理と分かりながらも、やはり憧れます。
フルマラソンも経験している友人が「いつかは行きたい」と言っていました。
たまたま、その巡礼を取り上げたドキュメンタリー番組が放映されるので、友人に紹介し、自分も見ました。
その中で巡礼者が「自分を見つめ直したい、向き合いたい」ということを口々に言っていました。
多くの人は、忙しい毎日の中で、心の隅には、そうした思いを持っているのではないでしょうか。

それはストレス発散の為の娯楽とか旅行とかは別の、自分の内面に向かう時間です。
法事で行ったお寺のお坊様は「最近、座禅を希望する人が多い」と言っておられました。
時代が進み文明が進むほど、そうした欲求は大きくなっていくように思えます。

学生の時は「黙想会」という、授業が無く黙想をする日がありました。
神父様の講話を聞き、沈黙の内に考え、祈る。今でも良い経験だったと思っています。
日常生活の中では、内省する為の沈黙の時間は、自ら「作ろう」としなければなかなか難しい。
「祈る」ということもまた、真剣に時間をとらなければ出来ないことです。
散歩、山登り、釣り、ドライブという時間の中で、それを実現している方もおられるでしょう。
そして私にとっては、日曜日のミサが、その時間です。

いつか友人が800キロの巡礼路を制覇し、その感動を伝えてくれる日が来ますように!!

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

ノアの箱舟

noa「ノア約束の船」を観て来ました。
旧約聖書 創世記6章のノアの箱舟の話は、神が悪にまみれる人間を見て、人を創造したことを後悔し、人を地上から拭い去ろうとして洪水を起こす話です。
神に従い無垢なノア(とその一家)は神から選ばれ、動物たちと箱舟に乗り生き延びます。
映画では箱舟に乗った家族構成を変え、箱舟の中で既に人間的な争いが起こるような筋立てにしています。
箱舟から降りたノアの一族と、それに続く人類の争いの歴史を予想させるような設定でしたが、聖書に忠実に映像化したダイナミック箱舟には感動しました。

神は生まれながらに悪と善を持った人間を、創造の時と同じように「良し」とされていると感じます。
しかしそうした資質を持つ人間ゆえ、その生は苦しい。
その人間に救いと希望をもたらすために、キリストが与えられたのだと私は思います。

Read Comments
  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS